体格はいいけど、勃起力は最低な私

私は趣味は筋トレを柱とした自分の肉体を鍛え上げて満足することなんです(ちょっと変態みたいw)

 

体はジムに通ったりすることにより鍛え上げれます。しかし私は、その肉体とは裏腹に、精力は40歳を境に下がり始めました

 

ほんと35歳の時の精力を「10」とすると、40歳を超えたあたりから、「2」ほどになりました。

 

>>私が精力を回復した方法を読んでみる?

 

性欲はあるのですが精力はありません

よく「性欲=精力」と同義語だと思ってる人がおりますが、互いの言葉は似て非なるもので、あくまでも私風の表現で言えば、「性欲」は、女性を性交をしたいと思う気持ちで、「精力」は、勃起力や勃起持続力と考えてくれればいいです。

 

私は含めた年輩者の会話で、「あの巨乳美人とセックスしたいんだけど、勃起しないんだよね」は、言い方を変えれば、「性欲はあるけど精力はない」と同じ意味だと思います。

 

性欲は基本、気持ちの問題を言っては語弊はありますが、気持ちに左右される部分は大きいと思います。実際、50歳でも60歳でも元気で性欲(精力も)旺盛な人はいますよね。

 

精力減退は体に問題あり?

勃起力や勃起持続力(中折れ)などのED系の問題の大半はストレスなどで心に問題を抱えてない場合は、体に問題のあるケースが大半なんです。

 

精力の根幹は、何であるか?それは男性ホルモンなんです。

 

その男性ホルモンも大別しますと、

  • テストステロン
  • ジヒドロテストステロン

テストステロンは、男性ホルモンの95%を占めるので、一般的には「男性ホルモン≒テストステロン」と思ってもらって問題はないと思います。

 

テストステロンは精力にどんな影響を及ぼすのか?

「性衝動の亢進」と言っては、ちょっと難しいですが、テストステロンは性欲や精力をバリバリと高める影響力を持ってます。

 

テストステロンは20〜25歳を境にドンドンと分泌量は減って、その仕事量も減るので、年齢を重ねると、精力減退の理由の一つはテストステロンの分泌量減少にも関与します。

 

グラフを参照してくれれば、よくわかると思います。

 

 

女性にもテストステロンはある

10代の女性より、20代、30代と年増の女性の方がエッチで魅力的との話があります。

 

女性は年齢を増すことに女性ホルモンは減少する。その事により、男性ホルモンが少し優勢になるのでフェロモンを発生しやすくなります。

 

このフェロモンとは、テストステロンの分泌により異性を引き寄せるための体臭のことで、この体臭を嗅いだ異性は興奮状態に陥ります。

 

 

あくまでも例え話にはなりますが、(男性は)女性特有の体臭や股間の臭い、汗などの臭いを嗅ぐと、興奮度はアップします。動物や昆虫も繁殖期になるとフェロモンを出しまくり、異性を呼び寄せます。

 

要はテストステロンの分泌量の少ない場合は、性欲や精力にとってデメリットしかありません(きっぱり)

 

テストステロンを増やせば精力回復?

それでは精力回復のためには、テストステロンの分泌量を増やせばいいのでは?と短絡的に考えるかもしれませんが、それはそんなに簡単な話ではなくて、

  • ストレスの問題
  • 暴飲暴食や睡眠時間などの生活習慣

なども併用して考えることは重要なんです。

 

テストステロンは加齢によって分泌量は減少すると言いましたが、上記のストレスや劣悪な生活習慣なども関係して分泌量は減ります。

 

私は冒頭で、40歳を境に勃起力や勃起持続力の精力減退には、本当に悩んだと言いました。

 

その原因は加齢を問題とするテストステロンの減少(実際にはホルモン検査した訳ではないからわかりません)や当時は仕事、仕事、仕事…で始発で職場に向かって、終電で帰宅のような残業まみれの仕事生活でした。

 

食事は栄養分云々は考えず、胃を満腹にするだけ。接待などで酒はガンガン飲むので、こんな生活習慣では、どんなに強靭な人であっても体調は崩すし、テストステロンの分泌量は減ると思います(汗)

 

まず精力回復のために凄く重要な事は、劣悪な生活習慣を改善して、テストステロンを増やすことは重要になります。

 

生活習慣で分泌量の減るテストステロンは、仕事や家族の関係もありますので、簡単には改善できないかもしれませんが、生活習慣を改善をすれば、多少なりとも分泌量を増やせると思います。

 

私は週休2日間は確実に休んで、有休も消化して、早出はそのままですが、夜の残業は早めに切り上げる。酒も控え、食事も栄養分のある食べ物に変更して、生活習慣の改善を本格化しました。

 

ホルモン剤の注射もある

しかし、加齢を問題とする場合は、外部からテストステロンの分泌量を増やす栄養分を摂取する必要があります。

 

私はよく知らないのですが、泌尿器科でホルモン剤の注射とやらがあるらしくて、注射をして男性ホルモンを増やすことを可能とするようですが、私はリスクがあって怖いような感じはします。

 

金額は1回1000円前後のようで、月2回ほどの注射は必要となるようです。

 

また、男性の更年期障害によるテストステロンの補充は保険が適用されるので、1回数百円だそうです。

 

(参考)男性更年期チェック

 

私は精力サプリメントを飲むことにした

ED治療薬は嫌、ホルモン剤の注射は嫌な私は、あれこれと調べまくると、テストステロンの分泌量を増やすには、精力回復サプリメントを飲用することが一番の近道なようでした。

 

精力サプリは、精力回復を主眼においたサプリメントなので、精力を回復されるための栄養分であるアルギニン、シトルリン、亜鉛、オルニチン、ビタミン、カルシウムなど勃起力や勃起持続力(中折れ)の専門家が研究開発して配合してるので、精力減退に悩んでる人には一番手っ取り早く、サプリメントは薬物ではありませんので副作用なく精力の回復を目指せる点にあると思います。

 

>>私は実際に精力サプリメントを買って、1ヶ月間飲んでみた〜その結果精力は回復した?

更新履歴